ビザ申請など国際業務のことなら、東京港区虎ノ門の加藤行政書士事務所にお任せください。

早く確実に許可を取得するなら申請取次行政書士

ビザ申請の加藤行政書士事務所

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-21-10グランスイート虎ノ門1105

受付時間:平日9:00~19:00(土日祝を除く)

初回無料相談実施中

お気軽にお問合せください

初回相談無料。不許可の場合、返金します。TEL 070 5557 8677

仮放免許可申請

システム手帳

加藤行政書士事務所は、お客様の仮放免許可申請をサポートいたします。

こちらでは、仮放免許可申請について紹介いたします。

 

[業務対応地域]
東京都内:港区、千代田区、中央区、渋谷区、品川区、江東区、台東区、葛飾区、荒川区、足立区、大田区、新宿区、中野区、文京区、杉並区、世田谷区、墨田区、板橋区、目黒区、江戸川区、北区、豊島区、練馬区など

千葉県、埼玉県、神奈川県など

仮放免許可について

仮放免許可申請

仮放免許可とは

サイクリング

東京入国管理局への仮放免許可は、
加藤行政書士事務所にお任せください!

1、退去強制令書の執行手続きは、身柄を収用するのを原則とします。

しかし、例外的に、自費出国又はその準備のため若しくは病気治療のため等身柄を収用すると、かえって円滑な送還の執行が期待できない場合、その他人道的配慮を要する場合等特段の事情がある場合に一定の条件を付けて一時的に身柄の拘束から解放を認めるのが仮放免の制度です。

 

2、仮放免の種類

仮放免には3種類あります。

①入国管理局が職権で仮放免する場合。

①以外に申請により仮放免を求めることができます。

②退去強制事由に該当する場合で「収用令書」が発布されているときの仮放免許可申請。これは、一時的に身柄拘束を解いて在留特別許可を求めるときに有効となります。

③退去強制が確定して「退去強制令書」が発布された場合の仮放免。これは、すでに退去強制が確定しているので帰国準備のための身柄解放を求めるものです。

 

3、仮放免を申請できる人

被収容者本人、代理人、保佐人(保護し助ける人のことで、制限行為能力制度とは関係ありません)、配偶者、直系親族、兄弟姉妹が仮放免を請求できます。

行政書士も仮放免許可申請の申請代理人になることができます。

 

4、仮放免で考慮される事由

①収容されている者の情状、②仮放免の請求の理由となる証拠、③被収容者の性格・資産等が仮放免で考慮されます。

ただ、仮放免の拒否の基準は無く、入国者収容所長又は主任審査官の判断に委ねられています。

 

5、仮放免の条件

仮放免には、住居及び行動範囲の制限、呼び出しに対する出頭義務、300万円を超えない範囲内の保証金納付、仮放免の期間などの条件が付けられます。定期的に入国管理局への出頭を求められ、容疑者の出頭義務を確保し、逃走を防止するための担保として保証金を納付します。

加藤行政書士事務所に依頼するメリット

パソコンキーボード

東京入国管理局への仮放免許可は、
加藤行政書士事務所にお任せください!

○ 入管業務専門の加藤行政書士事務所に仮放免許可申請を依頼することで、お客様の事情に応じた書類を準備・作成しますので許可の許可の確率が高くなります。

・日本語が得意でない方           

・手続きがよく分からない方 にお勧めです。

お問合せはこちら

オペレーター

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

070-5557-8677

受付時間:9:00~19:00(土日祝を除く)

その他のメニュー

ビザ申請の
加藤行政書士事務所

ビジネスのイメージ

当事務所の方針について説明しております。

ビザ申請の加藤行政書士事務所

当事務所の特徴

ビル街

当事務所の特徴について説明しております。

当事務所の特徴

代表者ごあいさつ

書籍

代表者について説明しております。

代表者ごあいさつ

お問合せはこちら

電話オペレーター

お電話でのお問合せはこちら
初回相談無料。

070-55578677

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

ごあいさつ

行政書士 加藤保年

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

東京入国管理局へのビザ申請等、法務局への帰化申請ならお任せください!

Googleマイビジネスにアクセス