ビザ申請など国際業務のことなら、東京港区虎ノ門の加藤行政書士事務所にお任せください。

早く確実に許可を取得するなら申請取次行政書士

ビザ申請の加藤行政書士事務所

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-21-10グランスイート虎ノ門1105

受付時間:平日9:00~19:00(土日祝を除く)

初回無料相談実施中

お気軽にお問合せください

初回相談無料。不許可の場合、返金します。TEL 070 5557 8677

失敗しないビザ申請のポイント

書斎

ビザ申請についてのお役立ち情報です。どうぞご参考になさってください。

 

ビザ申請の3つのポイント

法律上の要件を検討しよう!

書籍

ビザ申請は、法律上の要件を
確認することから始めましょう。

ビザ申請は法務大臣の広汎な裁量に委ねられていますので、「こうすれば必ずビザ申請が許可になる」という保証はありません。

しかし、法務大臣のビザ申請の判断は、「法の支配」や行政権の行使は法律に従わなければならないという「法治主義」の見地から、法律に従ってなされます。

そのため、申請人のビザ申請が入管法の定める法律上の要件を充足しているか、ということを厳密に検討することが重要になります。

提出する書類にウソや事実と異なる記載はしない!

書類作成

書類は、事実に基づいて
正しい記載をしましょう。

入国管理局に対するビザの申請は、口頭ではなく書面を提出して行います。

そして、何のために書類を提出するかというと、上記の法律上の要件を充足していることを証明するために書類を提出することになります。

そのため、ビザ申請のために提出する書類は事実に基づいて正確に記載する必要があり、ウソを記載したり事実と異なる記載をしてはいけません。

余裕のある計画を立てて、しっかり準備をしよう!

システム手帳

余裕のある計画を立てて、
しっかり準備しましょう。

ビザの申請には、申請から処分までの目安となる期間として標準処理期間が定められています。

しかし、標準処理期間は、あくまで目安となる期間であって、実際には標準処理期間を大幅に超過することがあります。

そのため、事前に余裕のある計画を立てて、しっかりと準備をすることがビザ申請にとって重要になります。

お問合せはこちら

オペレーター

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

070-5557-8677

受付時間:平日 9:00~19:00(土日祝を除く)

初回相談無料

その他のメニュー

在留資格認定証明書 

飛行機

外国人を日本に呼び寄せるための在留資格認定証明書(ビザの取得)について説明しております。

在留資格認定証明書

ビザの更新・
在留期間更新

アドバイス

ビザの更新・在留期間更新について説明しております。

ビザ更新・在留期間更新

ビザの変更・
在留資格変更

ビジネスのイメージ

ビザの変更・在留資格変更について説明しております。

ビザ変更・在留資格変更
 

お問合せはこちら

電話オペレーター

お電話でのお問合せはこちら
初回相談無料。

070-55578677

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

ごあいさつ

行政書士 加藤保年

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

東京入国管理局へのビザ申請等、法務局への帰化申請ならお任せください!

Googleマイビジネスにアクセス